「阿部仲麻呂~日本と中国のかけはし~遣唐使」

日中国交正常化45周年 阿部仲麻呂渡唐1300年
「阿部仲麻呂~日本と中国のかけはし~遣唐使」

2017年は、阿倍仲麻呂(698年~770年)が唐に渡ってから、ちょうど1300年を迎えた年であり奇しくも今年は日本と中国が国交正常化して45年目という節目にもなっています。その記念すべき年として11月4日(土)に主催:NPO法人歴史の駅と(一社)日中協会にて阿倍仲麻呂をテーマにしたシンポジウムが銀座ブロッサム中央会館にて開催されました。遣唐使?阿倍仲麻呂?読者の皆様方の中でも、思い起こせば昔、歴史の教科書で勉強したなぁと思われる方もいらっしゃるかと思います。様々な歴史文献によると阿倍仲麻呂さんは奈良時代の遣唐留学生で唐で国家試験に合格し唐朝において諸官を歴任して高官まで登りつめ、その後、日本に帰国を何度か試みたが悪天候にも見舞われ日本への帰国を待ち焦がれるが果たせずに唐で客死した日本と中国の両国の歴史に名を残す素晴らしい方です。そんな阿倍仲麻呂さんを題材に今回のシンポジウムは開催され、開催当日は500人を超える多数の来場者が来られ大盛況のうちに閉幕されました。
読者の皆様にも日中交流の歴史に改めて関心を持っていただければと思い、今回は開催されたシンポジウムの中から内容を少し抜粋してご紹介させて頂きます。
第一部では講演として、日本側から見た阿倍仲麻呂及び遣唐使(森公章 氏 東洋大学教授)、中国側から見た阿倍仲麻呂及び遣唐使(王 勇 氏 浙江大学教授)をそれぞれの立場から貴重なお話をされ、その後の鼎談では御二方に夢枕 獏 氏(作家)を交えて、それぞれの国の歴史に基づいた見解など古来より長きにわたる日中の交流そして、これからの日中の交流の大切さを改めて考える大切な時間となりました。
第二部では文化とスポーツの交流・つながる音と音をテーマに楽器演奏・武術太極拳演武など中国から日本へ伝えられた素敵な音楽と演武などが披露されました。

当時は渡航ですら命がけだった時代。古来から続く先人たちの日本と中国の交流を紐解いて文化交流の大切さを再認識し、これからの日中交流にも生かされれば素敵だと思います。皆様も今一度、先人たちの創った日本と中国のかけはしを大切にし日中交流そして世界中の国々との交流への取り組み方を考えられてはいかがでしょうか?

『 天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも 』阿倍仲麻呂

主催:NPO法人歴史の駅/(一社)日中協会
後援:奈良県・中国大使・中国観光局・東京都中央区・(公社)日中友好協会・日本国際貿易促進協会・(一財)日中文化交流協会・日中友好議員連盟・(一財)日中経済協会・(公財)日中友好会館・(公財)日本武術太極拳連盟・東京華僑総会・日本華僑華人婦女連合会・在日華人女性交流会・(株)日本デザインセンター

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中央区新聞・天空新聞をご覧の皆さま、こんにちは。私たちは「PINK CROSS PROJECT」とい…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…
  4. 銀座や築地・勝どき・晴海など、事業所やタワーマンションが集積する様々な魅力をもつ中央区。 都心に位…
  5. 2018年、中央区に越してきて初めてのお正月を迎えました。 銀座までは歩いて10分ちょっと。せっか…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る