赤ちゃん天国

勝どきの交番の横の建物にベビーカーに赤ちゃんを乗せたママたちが続々と入っていくのは、1階の勝どき保育園だけではありません。3階に子ども家庭支援センター「きらら中央」があります。
ここでは、子育て家庭を応援するさまざまな事業を実施していますが、乳幼児を育てている家庭が特に活用しているのは「あかちゃん天国(通称あか天)」ではないでしょうか?
0歳から3歳になった最初の3月31日まで乳幼児とその保護者が利用できる広場で、子供はもちろんママやパパの交流の場になっています。広いお部屋に入ると、大きい子のスペースと小さい子のスペースに分かれており、すべり台やおままごと、ブロックなどたくさんのおもちゃがおいてあります。
市販のものだけでなく、施設の先生手作りのものたくさんあり、こどもたちも夢中です。平日はママが中心ですが、週末はパパの姿もちらほらみえます。また、定期的に、子育て講座や子供向けのコンサートも実施されており、開催時には広いスペースがいっぱいになります。
中央区の出生率は年々高くなっていたり、子育て世帯の転入が増えているのもこどもを安心して育てることのできる環境が整っているからではないでしょうか?
子育て中の読者記者Mさんの投稿です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本と海外のバレンタインデーの違い 日本では、バレンタインとバレンタインデーは同じ意味を持ちます。…
  2. 一般的に、東京都の水道水は飲料水として美味しく安全だと言われています。しかしマンションやアパートで使…
  3. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…
  4. この街には銀座通りや晴海通り、西銀座通り、昭和通りといった大通り、並木通りやみゆき通りのような歩道の…
  5. こんな時代だから「活字」を大切にしたい! 二〇〇〇年代に入りIT革命による情報発信の多様化が進みま…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る