昭和28年の地図を片手に 65年商店を探せ〜新佃編〜

昭和28年の商工地図に掲載されている商店を見つける「65年商店を探せ」企画。今月は新佃と呼ばれる佃二丁目をご紹介します。
まずは、メインストリートの佃大通りから探索。地図にはびっしりと商店が並び、当時は商店街のようだったことが分かります。「明治牛乳」は今年3月で営業を終了。またひとつ、65年商店が姿を消しました。郵便局だった所には郵便ポストが。名残でしょうか。
大正7年開業の「二葉菓子店」は、もちろん地図に載っています。店主曰く「この道が“佃大通り”というのは最近知ったよ」とのこと。いつの間にか行政が名付けたようで、昔からこの地域に住む人には浸透していないのかも?
焼豚で有名な「肉のたかさご」は「高砂牛肉店」という店名でした。当時は牛肉を使った商品がメインだったのでしょうか。ちなみに、現在の清澄通りには都電が走っていて、「高砂牛肉店」の前には“新佃島”という駅があったそう。初めて知りました!
さて、佃大通りと交差する佃仲通りを見てみると、洒落た看板の「山田理髪店」、人気の「よこ井豆腐店」は今も営業中です。気になったのが、当時の場所から移転したようですが、今でも健在の「ラテン坂本」。このハイカラなネーミングのヒミツを知りたいと思ったら、取材当日は休業日でお話を聞くことができず・・・。謎を残しつつ、探索は終了しました。ご存じの方がいらしたら、ぜひ編集部までご一報ください!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 散歩の途中に段差があって ~車椅子放浪記~ 「月島、酒で縁結び」 一般社団法人無段差社会 理事長…
  2. 「クビアカツヤカミキリ」通称クビアカは、名前の通り首元が赤い外来昆虫。 なんとサクラやモモの木を食…
  3. いつも中央区新聞ならびに地域情報応援隊ウェブサイトをお読み頂きありがとうございます。 今回は、完全…
  4. 中央区新聞・天空新聞をご覧の皆さま、こんにちは。私たちは「PINK CROSS PROJECT」とい…
  5. 今年は住吉神社大祭です 今年も天空新聞をよろしくお願いいたします。 今年も新年号を飾るのは月島に…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る