草加宿七福神めぐり開催!

七福神めぐりをする目的って?

江戸時代からの風習で、神様が滞在しているとされる「松の内(正月の15日までの期間)」に七福神が祀られている寺社をめぐることで、その年の禍を回避することが出来るという言い伝えのようです。商売繁盛、長寿祈願などそれぞれに役割をもつ七福神ですが、その全ての神様へ新年のご挨拶をすることで次の一年を縁起良く過ごすことが出来るというわけです。さらに、各寺社で御朱印を押してもらうと、より縁起が良いとされます。御朱印は神様の分身であるとされ、分身を頂くことでご利益がもらえるということのようです。このため、七福神めぐりでは御朱印をもらいながら寺社を回るスタンプラリー形式が主流となっています。

七福神たちの役割をご紹介

①幸福をもたらす神・福禄寿:福禄寿は南極星の化身ともいわれ、福徳・人徳・長寿の神様と呼ばれます。
②商売繁盛の神・恵比寿:恵比寿は日本神話のイザナミとイザナギの間に生まれた子供とされ、商売繁盛をもたらす神様と呼ばれます。
③安穏の神・布袋:中国の仏教から生まれた布袋は実在した仏教の僧や弥勒菩薩の化身とされ、開運・良縁・子宝の神様と呼ばれます。
④健康の神・寿老人:寿老人は福禄寿同様に南極星の化身といわれ、健康・長寿・幸福の神様と呼ばれます。
⑤禍除けの神・毘沙門天:毘沙門天はヒンドゥー教の神様であるク-ベラ神が、軍神という名で中国に伝わったものが元になっており、戦いの神様と呼ばれます。
⑥大食物の神・大黒天:大黒天はヒンドゥー教の神様であるシヴァ神のことですが、インドから中国そして日本へと伝わった際に台所の神として伝わったので、台所の中心となるカマドを守る神様と呼ばれます。
⑦音楽の神・弁才天:弁才天は七福神で唯一の女神で、ヒンドゥー教のサラスヴァティー神であり、「サラス」は水を意味し、流れる水の音が音楽を奏でるようだという連想から、音楽の女神と呼ばれます。

草加の七福神めぐりの特徴とは

草加市の七福神めぐりは、先ほど紹介した七福神に宝船を加えた合計8か所を巡るのが大きな特徴です。各寺社にはスタンプと台紙が設置されており、参加者はスタンプラリー形式で七福神めぐりをお楽しみいただけます。スタンプを押印した台紙は、新年の思い出としてお持ち帰りください。ご利益のある台紙なので、良い一年を迎えられそうですね。
なお、開催時間は、午前9時から午後4時までとなっております。
また、七福神めぐりの開催にあわせて、1月1日と3日には甘酒が無料で振る舞われます。年明けの草加を歩きながら、ご家族やご友人と七福神めぐりを楽しんではいかがでしょうか。

日付:平成30年1月1日(祝日)から7日(日曜日)
時間:午前9時から午後4時まで
会場:草加駅東口の旧町地区に点在する8か所の寺社
スタンプ台紙の設置寺社:回向院・三峰神社・八幡神社・氷川神社・東福寺・谷古宇稲荷神社・神明宮・出世弁財天(注:記念品の引換え等はありません)
主催:草加市観光協会

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「IT革命」によってWebにより情報を収集することは容易になりました。では新聞紙という媒体の必要性は…
  2. そろそろ2月中旬あたりからみんな大嫌いな花粉の季節がやってくる。 しかし、花粉症に季節というものは…
  3. 少子化が進んでいるわが国日本では、自治体でさまざまな子育て支援を行うようになってきている。 子供を…
  4. 2017年の年末に次世代県人会の忘年会が開催されました! 写真は1枚しか撮れなかったですが、今回も…
  5. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る