車椅子放浪記

散歩の途中に段差があって ~車椅子放浪記~

「月島、酒で縁結び」
一般社団法人無段差社会 理事長 相田忠男

時は神無月、処は月島。全国の神々が出雲に集まって、縁結びに大わらわ。夜は酒宴、多分。だって集いに御神酒は付き物ですから。月島に、そんな一年中神有月のような酒処があると聞いて、ふらり向かいました。道中、どんな「ご縁」があるかしらん。

早速、フクロウとご対面。智恵を授かり、西仲通りを突っ切って隅田川堤へ。すると、エレベーター完備。堤上からはスロープになっていて、車椅子でも河岸に行けました。東京タワーとスカイツリーを一緒に見られる絶景スポットも堪能。

そうこうして目的地へ。今回は西仲通りにある日本酒立ち飲みバー「つねまつ久蔵商店」です。「しまね地酒マイスター」と銘打つ、地元島根では明治創業の酒店として知られています。

入口の段差は20㌢。スロープを使い、電動で昇れます。ただ、奥行きが長く一枚カウンターで、夕方から満員。予約席に行くのは、ちと難しかったです。

実は私、島根が大好き。茶人・不昧公好み、宍道湖の美味「七珍」、たたら製法による「玉鋼」(日本刀の原材料)、石見銀山、そして出雲大社。渋好みの風土だよね。

いにしえから「出太和二京三」といわれるほど、出雲大社は奈良の大仏殿より大きかったとか、高さは、今は八丈(約24m)だけど古図面によれば三十二丈(約96m)あったとか。今でいえばスカイツリー並み。伝承だったといわれていたけど、21世紀になって支柱の跡が発見されたから驚きです!そのうえ、注連縄も日本一の大きさ。ご立派です。

ちっとも店の紹介が無いって?それは言わずもがな、でしょう。いい仕事してます。いい酒揃ってます。

帰りは、手動でスロープを降ろしてもらいました。その時、心の中で柏手を四拍。またのご縁が、ありますように。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今回の東京経営者交流銀座会は異業種交流会を開催しました! 銀座4丁目にある「創作中華 銀座夜市」さ…
  2. 不況に強い買取ビジネス 買取ビジネスというと、持ち込みでのブランド品やジュエリーなどの商品を「買い…
  3. 「築地」と聞いて何を連想されますか? 美味しい新鮮な食材を楽しめる日本の伝統的な食の街と思い浮かべ…
  4. 「認知症」は病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきた…
  5. 暖かな光を放つこちらのランプ。実は紙で作られているんです。 職人手作りの紙製デザイナーズ家具を手が…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る