天空新聞おすすめ本

佃在住の著者による『易でよみとく才能と人生』

自分とは一体どんな人間なのか、今後どのような人生を築いていくべきなのか…あなたはどれほど理解していますか?今回は、そんな“自分らしい生き方”を知るヒントとなる1冊の本をご紹介したいと思います。著者の松山怜佳氏は中央区佃に在住で、普段は「易学」の講師としてご活躍されています。「易学」とは古代中国で発祥した占いやそれに基づく学問で、松山氏は人の個性を創り出す仕組みを新しい易の考え方により導いています。今回の著書は、自分だけに備わる性質の強み弱みを知り、才能に気づき、自分らしい幸せな人生を築いていくことを願って書かれたそうです。生年月日と易により自分の中の“根”と“幹”と“枝”に分かれた性質を知り、それを「生命の木」と例え、「生命の木」をどのようにして育てていくか、また啓山易学とは何かについて分かりやすく書いています。自分という存在をしっかり見つめるきっかけをくれるこの本は、今後の人生に寄り添う道しるべとなるに違いありません。『易でよみとく才能と人生』は、佃の書店やインターネットにてお買い求めいただけます。あなたの人生のお供に、ぜひお手にとってみてください。

『易でよみとく才能と人生』−自分だけの「生命の木」の育て方−
著者:松山怜佳
2017年12月15日発売(WAVE出版)
定価1800円(税別)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「姉妹都市」という言葉をご存知でしょうか。 あまり聞き馴染みのない言葉ですが、文化交流や親善を目的…
  2. 「クビアカツヤカミキリ」通称クビアカは、名前の通り首元が赤い外来昆虫。 なんとサクラやモモの木を食…
  3. はじめまして。『地域情報応援隊 草加新聞』と申します。 草加市のみなさんに、地域に密着した有益な情…
  4. 「IT革命」によってWebにより情報を収集することは容易になりました。では新聞紙という媒体の必要性は…
  5. 2月11日は「建国記念の日」です。 「建国記念日」ではなく「建国記念の日」。これには理由があります…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る