コミュニティ新聞 ライバル紙「中央月島新聞」を調べました

昭和33年月島の商工地図を見ていたら、西仲通り月島観音の前に「中央月島新聞社」と。早速地元の方にこの新聞社のことを聞いてみました。「あっあ あの嘘つき新聞だろ?」なんだ、たいした新聞ではないんだと思っていました。読者記者のKさんやAさんもこの存在を知っていたようで、京橋図書館地域資料室で調べたら、なんと昭和20年代に5のつく日に月3回発行されていた地域新聞でした。さすがの地域資料室には昭和31年8月25日号、第222号から保存されていました。
発行は月島西仲通3の9 中央月島新聞社 編集発行印刷人 山本兼吉 購読料一年金参百円(送料共)となっています。昭和27年10月には第三種郵便物認可となっていますから、このころから発行されていたようです。
すべての新聞が保存されていないようですが、この当時の世相がよくわかります。広告主も地域の会社が多くいまでも経営している店舗もあります。4コマ漫画や社説、投稿、連載小説もあり立派な新聞なのです。R65でお世話になっている「御天気堂薬局岩崎つる」さんの訃報も掲載されていました。
嘘新聞の意味がわかりました。エープリルフールのように冗談記事をのせている「月島うそ新聞」というコーナーがありました。このことから「うそ新聞」と記憶していたのでしょう。
この新聞のコピーを撮ってきました。天空新聞と一緒にこの新聞を読み合わせする企画はいかがでしょうか。昭和34年ごろまでの新聞を読みながら皆さんと月島の昔を探検してみましょう。ご希望の方は編集部まで・・・

※中央区新聞第4号からの転載です

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一般的に、東京都の水道水は飲料水として美味しく安全だと言われています。しかしマンションやアパートで使…
  2. 「築地」と聞いて何を連想されますか? 美味しい新鮮な食材を楽しめる日本の伝統的な食の街と思い浮かべ…
  3. 不況に強い買取ビジネス 買取ビジネスというと、持ち込みでのブランド品やジュエリーなどの商品を「買い…
  4. 今回は、相続人同士で遺産分割を話合う時に、事前に知っておくべきポイントを解説していきます。 ①相続…
  5. 日本と海外のバレンタインデーの違い 日本では、バレンタインとバレンタインデーは同じ意味を持ちます。…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る