月島のちんどん屋さん

読者記者の「築地の若旦那」の情報です。「月島にちんどん屋がいる」
早速二人で取材に行きました。ご自宅近くのムーンアイランドタワーそばで待ち合わせた堀田祐子さんは若い女性で、まさかあのちんどん屋さんとは思えません。
月島には20年以上住んでいらっしゃる頃から、ちんどん屋だったそうです。一度もほかの職業についたことはないのです。
堀田祐子さんのプロフィール
女子美術短期大学卒業後、台東区のちんどん屋二代目瀧廼家五郎八親方に弟子入り。東京の熟練した親方達の間で経験を重ねる。1997年独立。「ちんどん月島宣伝社」開業。
富山ちんどんコンクール出場20回。ちんどん博覧会実行委員。浅草木馬亭などでチンドンイベントの企画運営も行う。北は北海道、南は九州、海を越えて海外まで活動中。
業界では数少ない女性の親方である。
街の商店街の開店やセールの時、ちんどん屋はつきものでした。あの懐かしい鐘と太鼓のチンドンの音、クラリネットやサックスフォーンの哀愁のメロディ、そしてなんといってもあの華やかな衣装は子供たちだけでなく、人々をワクワクさせたものです。きっと西仲通りの昔にも子供たちが後を付けていくちんどん屋さんがいたに違いありません。
西仲通り商店街の皆様、一度ちんどん屋さんに宣伝を頼んでみてはいかがでしょうか。
ちんどん月島宣伝社
TEL・FAX :03-5560-2733 info@chindonya-tsukishima.com
ホームページ chindonya-tsukishima.com

関連記事

ピックアップ記事

  1. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…
  2. 暖かな光を放つこちらのランプ。実は紙で作られているんです。 職人手作りの紙製デザイナーズ家具を手が…
  3. 中央区新聞・天空新聞をご覧の皆さま、こんにちは。私たちは「PINK CROSS PROJECT」とい…
  4. みなさんは、草加市コミュニティバス「パリポリくんバス」をご存知ですか? また、利用したことはありま…
  5. 少子化が進んでいるわが国日本では、自治体でさまざまな子育て支援を行うようになってきている。 子供を…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る