編集長のメタボ改善プログラム 11月

佃在住で、小学校の栄養士をしている管理栄養士の山崎です。10月号で編集長のぽっこりお腹の様子を公開しましたが、ぽっこりお腹の愛称が「メタボ」で、すっかり定着しています。「メタボ」は2006年の流行語大賞のトップテンに入り、2008年には、「メタボ健診」とも言われる、特定健診・保健指導が始まりました。メタボリックシンドロームは、腹囲とBMI、血液検査の数値が判断基準ですが、編集長も5年前は、腹囲は3センチ、体重も3キロ少なく、血液検査の数値も、健康的な値でした。6ヶ月後の目標は、5年前と同じ体重と腹囲ですが、1ヶ月で、体重0.5キロ、腹囲0.5センチ減が目安となります。カロリーで考えると、1日で約120キロカロリーを運動か食事で減らしますが、編集長は、階段を歩いて消費しています。また、食事内容では、メンチカツ等の揚げ物が大好きな編集長ですが、LDLコレステロール値を意識して、和食や魚をお勧めしています。ただ、最初からたくさんのことを意識するのは、難しいので、できる範囲から健康を意識した生活習慣を身に付け、メタボ改善プログラムを成功できるように、頑張ってもらいます!

【体重:62.75キロ→61.60キロ(1.15キロ減)腹囲:98センチ→97センチ(1センチ減)】

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中央区新聞・天空新聞をご覧の皆さま、こんにちは。私たちは「PINK CROSS PROJECT」とい…
  2. 新年あけましておめでとうございます。 2018年も『地域情報応援隊 中央区新聞』を宜しくお願い致し…
  3. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  4. 「認知症」は病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきた…
  5. 相続の手続きといっても簡単なケースから相続人が何十人もいたり、揉めていて解決まで数年かかるものなど種…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る