まちを守る 中央区の「消防団」

消防団は、消防署と同じく「消防組織法」に基づいて設置される自治体の消防機関です。

団員のほとんどは、普段は自分の仕事をもつ社会人です。その傍らで、「わがまちを災害から守る」という使命感のもと、地域の防災リーダーとして幅広い活動を行っています。現在中央区内には、京橋・日本橋・臨港の3つの消防団があり、約400人の団員が活躍しています。地域に密着した身近な防災機関として機能しており、地域の実情を把握した住民である団員が消火訓練や応急救護の訓練を受けることで万が一の災害時に備えています。区内在住・在勤の18歳以上の健康な男女であれば誰でも入団資格があるので、仕事とは別に「まちの防災リーダー」として入団を考えている人も増えているそうですよ。これからも「消防団」の活動を筆頭に、私たち一人一人の防災意識を高めながら、地域一体となって中央区の安全を守っていきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  2. 2017年の年末に次世代県人会の忘年会が開催されました! 写真は1枚しか撮れなかったですが、今回も…
  3. 「姉妹都市」という言葉をご存知でしょうか。 あまり聞き馴染みのない言葉ですが、文化交流や親善を目的…
  4. いつも中央区新聞ならびに地域情報応援隊ウェブサイトをお読み頂きありがとうございます。 今回は、完全…
  5. 読者記者にご応募頂いた佃のTさんの取材です。まずは佃一丁目の住吉神社からです。この企画は次号以降に連…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る