人形町のシェアハウス&オフィス『ビーカー』がオープン

2017年12月2日、日本橋人形町にある築37年の寮をリノベーションしたシェア型複合施設『BEAKER』がオープンした。都内の古いビルをリノベーション展開する、不動産企業「リビタ」と三井不動産のベンチャー共創事業「31 VENTURES」が運営する。オフィスエリアはラウンジや会議室が共有でき、全7社の入居が可能だ。シェアハウスエリアは大小12室の用意があり、水回りやキッチン、ランドリーを共有部分として使用できる。駅から徒歩1分という好立地で、歴史と文化溢れる人形町ライフが楽しめそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
  2. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…
  3. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  4. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  5. 不況に強い買取ビジネス 買取ビジネスというと、持ち込みでのブランド品やジュエリーなどの商品を「買い…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る