昭和28年の地図を片手に

読者記者Iさんの取材です。8月発行号で好評だった「65年商店を探せ」企画。その続編として、11月・12月号では佃エリアで昭和28年以前から続くお店をご紹介します。

向かったのは、住吉神社のある佃一丁目。ご一緒していただいたのは、佃在住35年のKさんです。

佃小橋を渡ってすぐ右に見える「日の出湯」は当時の地図に掲載されています。ちなみに、日の出湯の上にある「大栄マンション」は、映画『3月のライオン』にも出ているとか。その先、左側にある「花平」も65年商店です。残念ながら、花平の向かいにあった「喫茶かどや」は民家になっていましたが、地元の方の記憶では大工兼もんじゃ屋だったとのこと。もんじゃと言っても、子供たちがおやつとして食べたものなので、駄菓子屋に近かったのかもしれません。

さらに進んだ右手の「山本商店」は「山本菓子店」、「佃屋酒店」は「大塚酒店」と、地図上に記載されています。若干店名は異なりますが、どちらも65年商店と言えますね。

その先、隅田川近くに佇むのは、「御三家」と呼ばれる佃煮店。「丸久」「天安」は昭和28年前から同じ店名でしたが、現在の「佃源田中屋」は「佃煮源」となっています。「田中」が店名に追加されたのにはドラマがあったのかしら、などと思いを馳せつつ佃一丁目の探索は終了。普段何気なく歩いている場所も、昔の商工地図を持つだけで新しい発見がありました。次回は佃二丁目を紹介させていただきます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今年は住吉神社大祭です 今年も天空新聞をよろしくお願いいたします。 今年も新年号を飾るのは月島に…
  2. 読者記者にご応募頂いた佃のTさんの取材です。まずは佃一丁目の住吉神社からです。この企画は次号以降に連…
  3. 相続の手続きといっても簡単なケースから相続人が何十人もいたり、揉めていて解決まで数年かかるものなど種…
  4. 2017年の年末に次世代県人会の忘年会が開催されました! 写真は1枚しか撮れなかったですが、今回も…
  5. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る