茨木拓矢弁護士の「法律ひとことアドバイス」1.遺言

「遺言書を書いた方が良いとは思うけれど、ウチはそんなに財産もないし大丈夫だろう。」と考えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

しかし、相続の問題を扱う弁護士としては、特に次のような方は遺言書を残しておいたほうがよいと考えます。

  • 再婚しているが、前のパートナーとの間に子どもがいる方
  • 結婚しているが子供がいない方
  • 内縁関係のパートナーがいる方
  • 事業を営んでいて事業承継を考えている方
  • 親族以外のお世話になった人に財産を残したい方

遺言書を残すことで、遺産の分け方についてご自身の希望を叶えやすくし、相続人間での遺産トラブルを防ぐことも期待できます。

相続とは時に「争続」となってしまうもの。遺言書は、ご家族への大切なメッセージです。もし上記のいずれかに該当される場合には、是非とも遺言書の作成をご検討ください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 銀座や築地・勝どき・晴海など、事業所やタワーマンションが集積する様々な魅力をもつ中央区。 都心に位…
  2. 最高値は405kg3645万! 今年の10月に豊洲への移転が決定したため、築地市場での開催は最後と…
  3. 相続の手続きといっても簡単なケースから相続人が何十人もいたり、揉めていて解決まで数年かかるものなど種…
  4. 2月11日は「建国記念の日」です。 「建国記念日」ではなく「建国記念の日」。これには理由があります…
  5. 銀座夜市 中央通り店さんのオープニングレセプションパーティ 銀座夜市 中央通り店さんのレセプション…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る