日米オオカミふぉーらむ2017」オオカミ復活と21世紀エコシティ

日本オオカミ協会主催 11月12日(日)、 日本同様オオカミを絶滅させた米国イエローストンで天敵不在により野牛、赤鹿ヘラジカが大増殖し森林、草原が食い荒らされ自然環境が崩壊した状況に対し、カナダよりオオカミを再導入し見事成功した実例。

日本のシカ、イノシシ、クマによる獣害を食物連鎖を活用して適正な自然環境を整える一助として皆さんに勉強していただく機会を提供したいと企画されています。

日時 11月12日13時半〜17時

場所 中央区立環境情報センター(京橋スクエアガーデン6F 地下鉄京橋駅上)

お申込み・お問合せは☎090(1103)2949 鈴木

vanguard@jj.em-net.ne.jp

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「クビアカツヤカミキリ」通称クビアカは、名前の通り首元が赤い外来昆虫。 なんとサクラやモモの木を食…
  2. 日本と海外のバレンタインデーの違い 日本では、バレンタインとバレンタインデーは同じ意味を持ちます。…
  3. 一般的に、東京都の水道水は飲料水として美味しく安全だと言われています。しかしマンションやアパートで使…
  4. 「築地」と聞いて何を連想されますか? 美味しい新鮮な食材を楽しめる日本の伝統的な食の街と思い浮かべ…
  5. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る