中央区成人の日記念式典「新成人のつどい」

新たな門出をお祝いしました!!

二十歳を迎える新成人のみなさんの門出を祝い、大人としての自覚をもつ契機となるよう行われる記念式典「新成人のつどい」。

今年は1月8日に中央区日本橋蛎殻町にあるロイヤルパークホテルにて行われ、多くの新成人が集まりました。成人の日が1月の第2月曜日となったのはハッピーマンデー制度が適用された2000年以降のことで、今年は元旦が月曜日であったため日にちとしては最も早い成人の日となりました。そもそも、成人の日が生まれたのはいつからなのでしょうか。

”成人の日”歴史は意外と浅く、戦後から

初めて成人式が行われたのは、第二次世界大戦後の1946年です。

埼玉県の蕨市にて、戦後の厳しい社会情勢の中で将来を担う青年たちを激励しようと行われました。これが全国に広まり、1948年1月15日が「成人の日」と制定されたのです。

なぜ1月15日かというと、その起源は奈良時代まで遡ります。奈良時代以降、男子は「元服」女子は「裳着」と呼ばれる通過儀礼がありました。12歳〜16歳までの男女が子供から大人になる儀式として行われたものです。その儀式は新年最初の満月に行う風習がありました。新年最初の満月というのは旧暦の話なので、現代は1月15日に満月になるとは限りませんが、それに由来して1月15日が成人の日となったのです。

古来より大人になることを祝う儀式はあったものの、二十歳の成人式が生まれたのは意外と最近のことだったのですね。

なぜ”1月の第2月曜日”?

「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」通称ハッピーマンデー制度により、成人の日は1月の第2月曜日に移動となりました。1月の第2月曜日となりうるのは、1月8日から14日までで、本来成人の日であった1月15日は含まれません。なぜ第3月曜日にしなかったのでしょうか。

これは、阪神淡路大震災が起きた1月17日を「防災とボランティアの日」としているためです。成人の日が1月17日になってしまった場合、「防災とボランティアの日」と重なってしまうため、それを避けるよう第2月曜日となったといわれています。

成人式自体が行われる日は地域によって様々ですが、祝日としての“成人の日”にこんな由来があったとは驚きです。

新成人自ら創り上げた、中央区の記念式典

中央区では、平成18年より新成人を中心とする“中央区新成人のつどい実行委員会”が記念式典を企画・運営しています。

自分たちの式典を自ら企画することによって、式がただの通過儀礼ではなくかけがえのない思い出となり、また自らの手で何か大きなものを創り上げるという経験は、大人としての自覚をもつきっかけとなるでしょう。昨年の5月頃から毎月打ち合わせを行い、式典が盛り上がるよう企画してきた実行委員会のみなさん。そのおかげで、当日は昨年大流行した映画『君の名は。』をモチーフにした抽選会など新成人の興味を引く企画が盛りだくさんで、大盛況となりました。

来年成人式を迎えるみなさんもぜひ実行委員会に参加して、自分たちの手で二十歳の思い出となる式典を創り上げてみてはいかがでしょうか。
改めて、平成30年1月8日に成人の日を迎えた新成人の皆様、おめでとうございます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. そろそろ2月中旬あたりからみんな大嫌いな花粉の季節がやってくる。 しかし、花粉症に季節というものは…
  2. 読者記者にご応募頂いた佃のTさんの取材です。まずは佃一丁目の住吉神社からです。この企画は次号以降に連…
  3. 中央区新聞・天空新聞をご覧の皆さま、こんにちは。私たちは「PINK CROSS PROJECT」とい…
  4. 新年あけましておめでとうございます。 2018年も『地域情報応援隊 中央区新聞』を宜しくお願い致し…
  5. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る