今年は市制60周年。『共に創ろう!快適都市、草加。』

草加市は、平成30年11月1日に市制60周年を迎えます。

60周年のテーマは、『共に創ろう!快適都市、草加。』です。60年間培ってきた市民の団結力・地域の創造力を活かし、みんなで「ずっと草加市で暮らしていきたい」と思えるような『快適都市』を創っていこうという想いからこのテーマとなりました。草加市で育った子供が大人になり社会に出たのち、また草加市で子育てをしたいと戻ってきてくれるようなまちにしませんか。そんな願いを込めて、今年は多くの記念事業を行います。

1.大相撲草加場所

市制施行30周年を皮切りに過去4回開催されている『大相撲草加場所』。市制60周年の今年は5回目の開催となります。大相撲の迫力を間近で感じられ、地方巡業ならではの催しなどみんなが楽しめる内容となっています。草加市の相撲文化の歴史を肌で感じましょう。日時:4月12日(木) 午前8時開場場所:記念体育館
チケットは、チケットぴあ販売所にてお買い求めいただけます。

2.市制60周年記念式典

今までの60周年を振り返り、これからの草加市に繋げていく式典です。市民のみなさんと共に60年の歩みを見つめ直し、今後どのような市にしていきたいかを見据える場となれば幸いです。少し先の予定となりますが、この機会にぜひご参加ください。
日時:11月11日(日)
場所:草加市文化会館

3.草加市歌の現代編曲

市制30周年時に制作した草加市歌「想い出はいつも」はご存知ですか。一番の歌詞を抜粋して掲載します。
「想い出はいつも」
作詞/中村八大、西村達郎作・編曲/中村八大歌/デューク・エイセス
朝露(あさつゆ)をふるわせる緑の風を追いかけて夢の国へとたどり着けたあの頃よ
聞こえてたあの詩は明日の空を越えてきた幼ごころに届けられた小さな調べ
想い出はいつもこのまちとともにある生れ育ったこのまち草加と(草加市役所ホームページよ
り)
子供の頃の美しい想い出はすべて草加市の美しい街並みの中での出来事であり、想い出は
いつも草加市とともにあると詠っています。とても綺麗な歌ですよね。この「想い出はいつも」
を市制60周年を記念して現代編曲します。どんな歌になるのか楽しみです。

他にも、草加市を舞台にしたPRアニメーションの制作や、綾瀬川左岸広場の新名称の募集などが予定されており、盛りだくさんの60周年となりそうです。みなさんの力で『快適都市、草加』を創っていきましょう。

☆草加市では、市制60周年協賛団体を募集しています☆

商店街イベントや音楽コンサートなど、市民のみなさんが実施する事業を市制60周年協賛事業として登録しませんか。登録すると「草加市制60周年協賛事業」の標記及びシンボルマークの使用が可能となります。さらに、市のイベントカレンダーにも掲載されます。詳しくは、市ホームページをご覧ください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 銀座4丁目にある銀座4丁目タワーの13Fで「一般社団法人 天才の卵」さんが東京講演会を開催するとのこ…
  2. 「老後破産」の対策はできていますか? 老後は、旅行や趣味に時間を使いたい。 そう思っている方…
  3. 千代田区にあるイイノホール地下1階『うな兆』さんで12月19日に第2回 日中酒道協会の集いがあり、取…
  4. 中央区って子育てに良い街? この頃「育ジイ・育バア」をしている祖父母が多くありませんか?同居はして…
  5. 「クビアカツヤカミキリ」通称クビアカは、名前の通り首元が赤い外来昆虫。 なんとサクラやモモの木を食…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る