銀座が大好きなピアニスト

カルロ・アントニオリさん

ピアニスト&ボーカルの’カルロ・アントニオリ’さんが’cafe4丁目の9階’で1月13日に新春サロンコンサートを開催しました。20年前に来日して以来、日本在住の間は銀座まで徒歩圏内のところに住むという無類の銀座愛を持っています。これまでカルロさんは世界中のクルーズや5星ホテルでの演奏を経験、日本ではホテルや結婚式場等での活動を行ってきました。今年からは大好きな銀座を中心に大小関わらずピアノのあるカフェやレストランでライブを行っていきたいと話されていました。今回ご紹介するコンサートはその第一幕というわけです。会場は昨年10月にオープンした’cafe4丁目の9階’という少し珍しい店名のカフェで行われました。店名どおり中央通り沿いの銀座4丁目にあるアクトビル9階にあります。普段は様々な種類のお味噌汁を提供しています。店内にはソファー席もあり、おひとりさまが落ち着いてくつろげる空間を心掛けています。オーナーである橋本真里さんはおひとりさまの文化的なひとときを応援したいという想いから、ピアノやヴァイオリンの生演奏や落語等のイベントを開催し仕事帰りやお買い物帰りに気軽に楽しめる場を提供しています。

ユーモアあふれる新春サロンコンサート

カフェオリジナルケーキに加え、新年のお祝いも兼ねてシャンパンが用意されました。ゲストには友人でもあるバルーンアーティストのナッキーさんも那須から駆けつけ、戌年にちなみスヌーピーのパフォーマンスを披露し、カルロさんの生演奏以外の時間も大盛り上がりの会場となりました。目玉であるカルロさんの生演奏は聴きにきた人を虜にするピアノの音色と歌声、吉本新喜劇が大好きというユーモアあふれるトークもお客さまの心を捉えました。今回の反響もあってこちらのカフェでも毎月開催を計画中とのことです。

きっかけを作りたい

中央区新聞は銀座が大好きなカルロ・アントニオリさんを応援していきます。カルロ・アントニオリさんの演奏が聴きたい方はYOUTUBEで「カルロ・アントニオリ」と検索してみてください。カルロ・アントニオリさんへお仕事のご依頼がある方は一度、このホームページのお問い合わせフォームより、タイトルを【カルロ・アントニオリさんへのお仕事のご依頼】としてご連絡をお待ちしております。
今後も中央区新聞の取り組みの一つである「ショー劇場inTOKYO」では地域で活躍の場を探しているアーティストを紙面やウェブで発信することで、企業様や飲食店様の目に止まるきっかけ作りをしていきたいと考えています。少しでもご興味のあるアーティストの方や、イベントを開催予定でアーティストを探している企業様は下記弊社連絡先にご連絡ください。03(6264)0886ショー劇場inTOKYO担当まで

カルロ・アントニオリさんのプロフィール

イタリア人の両親の元オーストラリア・パースにて出生。6歳よりクラシックピアノを始めたが18歳よりポピュラー、クラシックと独自のスタイルに転向。オーストラリアでは300回以上のコンサートをこなす。音楽学校卒業後パーステクニカルカレッジにてピアノだけでなく舞台芸術・音響・照明デザイン等を学ぶ。英語とイタリア語の歌を完全にこなし幅広いレパートリーを持つ(約1000曲)。有名なヨーロッパ、オリエント急行列車の専属ピアニスト時代にドキュメンタリー映画にも出演した。

中央区新聞2月号掲載記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. この街には銀座通りや晴海通り、西銀座通り、昭和通りといった大通り、並木通りやみゆき通りのような歩道の…
  2. 2月11日は「建国記念の日」です。 「建国記念日」ではなく「建国記念の日」。これには理由があります…
  3. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  4. 銀座の街路樹〜銀座の有名な街路樹(並木)はヤナギでした。街路樹の役割で、「街の景観を創る」「夏の日陰…
  5. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る