サクラを守れ!「STOP クビアカ」作戦

「クビアカツヤカミキリ」通称クビアカは、名前の通り首元が赤い外来昆虫。

なんとサクラやモモの木を食い荒らしてしまうのです。埼玉県内では、2013年に草加市で初めて被害が確認されました。その後被害は拡大し、昨年末までに草加・越谷のほか県北も含め計170本を超える樹木被害があったそうです。県環境科学国際センターは「STOP クビアカ」作戦として、サクラの保全活動に取り組む団体らと手を組み、クビアカの防除に本格的に取り組むことになりました。同センターは、クビアカの防除方法などをまとめた手引きを自治体窓口やホームページを通じて提供し、サクラの名所である幸手市を始めとして各地で説明会を開催する予定です。埼玉県のサクラを守るため、「STOP クビアカ」作戦を応援しましょう。

草加市新聞2月号掲載記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本と海外のバレンタインデーの違い 日本では、バレンタインとバレンタインデーは同じ意味を持ちます。…
  2. 中央区新聞・天空新聞をご覧の皆さま、こんにちは。私たちは「PINK CROSS PROJECT」とい…
  3. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  4. 今年は住吉神社大祭です 今年も天空新聞をよろしくお願いいたします。 今年も新年号を飾るのは月島に…
  5. 「IT革命」によってWebにより情報を収集することは容易になりました。では新聞紙という媒体の必要性は…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る