ちゅうおう街角植物観察日記 佃2丁目Kさん

春を待つ支度の植物

1月1日に住吉神社に初詣に行きまして、早くも蝋梅(ロウバイ)が咲いていました。本来落葉低木で、葉の無い枝に黄色い蝋細工の様な花を付けるのですが、この木は葉をつけたままなので、花が目立たなくちょっと可哀そうですね。せっかく咲いているのに。花の形、大きさから、ロウバイ属ロウバイ科のソシンロウバイと思います。参詣その人が思いの外多く、写真を撮っていると、何人もの人に声を掛けられ、根の回りを踏み固められるので、しっかり観察出来ませんでした。

※天空新聞2月号からの掲載です

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018年、中央区に越してきて初めてのお正月を迎えました。 銀座までは歩いて10分ちょっと。せっか…
  2. 相続の手続きといっても簡単なケースから相続人が何十人もいたり、揉めていて解決まで数年かかるものなど種…
  3. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…
  4. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  5. この街には銀座通りや晴海通り、西銀座通り、昭和通りといった大通り、並木通りやみゆき通りのような歩道の…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る