街で見つけたナニコレ?!

いろんな空中回廊

隣立したタワービルが高層階で空中回廊でつながっているところありますね。有名なところでは「聖路加タワー」。あれってなんのためなんですか。緊急避難用?ともに倒れないように支えあっている?デパートの本館・別館がブリッジでつながっているのは買い物に便利だし、わかるのですが・・・

もう一つ見つけましたトリトンスクエアでした。

これは人が通れない装置で「連結型アクティブ制震装置」っていうんですって。地震の時、お互いのビルを伸縮するブリッジで支えあうようです。

最後に見つけた空中回廊は月島一丁目でした。どんな目的でどうして作ったのでしょう。

※天空新聞2月号からの掲載です

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今回は、相続人同士で遺産分割を話合う時に、事前に知っておくべきポイントを解説していきます。 ①相続…
  2. 「IT革命」によってWebにより情報を収集することは容易になりました。では新聞紙という媒体の必要性は…
  3. 「認知症」は病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきた…
  4. はじめまして。『地域情報応援隊 草加新聞』と申します。 草加市のみなさんに、地域に密着した有益な情…
  5. いつも中央区新聞ならびに地域情報応援隊ウェブサイトをお読み頂きありがとうございます。 今回は、完全…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る