路地で見つけた新ショップ「乙女屋」

月島3丁目、西仲通り居酒屋岸田屋さんの一本先の路地を曲がったところに新しいお店がオープンしました。

「ただいま」と、硝子戸を、ガラガラと開けると一瞬自分がランドセルを背負った小学生に戻ったような不思議な空間を持つ懐かしい雑貨を集めた乙女屋が、西仲通りの、四番街の路地の、長屋にオープンしました。時間の流れが早い現代、この店のゆったり、まったりと流れるなか、昔、手にしたおもちゃや、セルロイドのお面の香りや、こけしたちの表情を見に行らっしゃってください。

店主が10歳の頃から収集した自慢のコレクションが所狭しと並んでいる、賑やかで、きらびやかな店内です。

読者記者月島4丁目Yさんからの取材です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  2. 「老後破産」の対策はできていますか? 老後は、旅行や趣味に時間を使いたい。 そう思っている方…
  3. カルロ・アントニオリさん ピアニスト&ボーカルの’カルロ・アントニオリ'さんが’cafe4丁目の9…
  4. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…
  5. 中央区って子育てに良い街? この頃「育ジイ・育バア」をしている祖父母が多くありませんか?同居はして…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る