地元で採れた新鮮野菜を食べよう 草加の農家「チャヴィペルト」さん

「身土不二」という言葉があります。

人間の身体と土地は切り離せない関係にあり、その土地で採れたものを口にするのが良いとされる考え方です。この言葉と同じ想いを胸に、草加市で代々野菜を栽培している農家があります。

「チャヴィペルト」さんは、市内にある畑で採れた野菜を草加駅から徒歩10分ほどにある店舗で直売しています。無化学肥料、減農薬栽培でつくられた安心安全にこだわった野菜は、新鮮なまま店舗へ発送。「家庭菜園を持った気持ちで気軽に来てほしい」という理念の元、その日採れたての野菜を販売しています。また、自身の畑では収穫できない野菜・果物は、信頼のおける生産者より直接仕入れているそう。店頭で販売されている野菜を買うだけでなく、毎週火曜日に細かい産地や生産法が書かれた注文書が配布され、欲しい野菜・果物をお好みの産地で選べるようにもなっています。注文された後にその分だけ収穫するので、廃棄になってしまう野菜を減らすことができますね。野菜の配送や、ネットでの注文も受けており、忙しい主婦に嬉しいお店です。

少し曲がっていたり、大小ばらつきがあったり…それが野菜です。大地の恵をいっぱい受けて育った、自然そのままの野菜を食べてみませんか。地元で採れた野菜は、きっと口に合うに違いありません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 読者記者にご応募頂いた佃のTさんの取材です。まずは佃一丁目の住吉神社からです。この企画は次号以降に連…
  2. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  3. 「クビアカツヤカミキリ」通称クビアカは、名前の通り首元が赤い外来昆虫。 なんとサクラやモモの木を食…
  4. 2017年の年末に次世代県人会の忘年会が開催されました! 写真は1枚しか撮れなかったですが、今回も…
  5. 最高値は405kg3645万! 今年の10月に豊洲への移転が決定したため、築地市場での開催は最後と…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る