草加市の桜の名所で、春の訪れを感じませんか

まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワクワクします。

そんな春に欠かせないのが、桜。草加市では、毎年「さくらまつり」が開催されるなど、多くの桜の名所があります。今回は草加市の数多くある桜の名所の中から、特におすすめしたい花見スポットをご紹介します。

①葛西用水

稲荷・青柳にかけて流れる葛西用水沿いには、約450本もの桜が植えられています。昭和53年に草加八潮工業会、草加市観光協会などにより植樹されたおよそ100本の桜が、その後も大切に管理・補植され、今では450本もの立派な桜並木となったのです。水面に映る桜がどこまでも続いていくような景色は圧巻で、毎年3月下旬から4月にかけて「草加さくらまつり」が開催されます。和舟乗船体験や、桜舞う中での金婚式などといったイベントも多く、多くの人で賑わいます。

②そうか公園

公園西側の遊歩道には約500メートルもの桜並木が続いています。先日、外来種の駆除と水質改善のため修景池の水を全て抜いたそうか公園。約1ヶ月間の天日干しを経て新しく綺麗な池に生まれ変わりました。綺麗になった公園での花見は、空気も新鮮で素晴らしいものになるでしょう。園内には、仙台紅しだれ桜を接木した「そうか桜」があり、市の桜として濃いピンクの可愛らしい花を咲かせています。

③金明町綾瀬川沿い

東武伊勢崎線車内からも見ることができる、1.6キロメートルにも及ぶ桜並木です。綾瀬川沿いには他にも多くの桜の名所がありますが、この金明町付近が特におすすめです。近くには本殿が江戸中期に建てられたという歴史ある旭神社(別称氷川神社)があり、花見と共に足を運ぶ方が多いそうです。川沿いの桜ってとても綺麗ですよね。ぜひ桜を観にいく際は、歴史ある神社にも行ってみてください。

④札場河岸公園付近

草加市が誇る名勝「おくのほそ道の風景地 草加松原」に隣接する、札場河岸公園。埼玉県産のスギ、ヒノキで造られた木造五角形の望楼をソメイヨシノやしだれ桜が彩っており、望楼の内部にある螺旋階段を登って周辺の景色を眺めることもできます。また、夜はライトアップされ、夜桜を楽しむことができます。草加松原に行った際は、お隣の札場河岸公園でも桜を観賞してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?この他にも草加市には桜を楽しめるスポットがたくさんあります。

ぜひ色々な場所を散策して、春の訪れを感じてみてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不況に強い買取ビジネス 買取ビジネスというと、持ち込みでのブランド品やジュエリーなどの商品を「買い…
  2. 今、TVやマスコミに注目を浴びている歌舞伎 日本初の歌舞伎教室「歌舞伎太郎」が中央区の日本橋三越前…
  3. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  4. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  5. 中央区って子育てに良い街? この頃「育ジイ・育バア」をしている祖父母が多くありませんか?同居はして…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る