港区の桜の名所で、春の訪れを感じませんか

まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。

春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワクワクします。そんな春に欠かせないのが、桜。港区には、多くの桜の名所があります。今回は港区の数多くある桜の名所の中から、特におすすめしたい花見スポットをご紹介します。

①東京タワー

桜だけでなく、東京のランドマークとして愛されている東京タワー。周辺には多くの桜が植えられており、東京タワーを背景に桜の写真を撮る人が多いそうです。生まれ変わった250メートルの展望台が今年の3月3日にグランドオープンするので、花見のあとは新しくなった展望台に登り、空からの景色を楽しむのも良いかもしれません。

②増上寺

東京タワーの裏にある、浄土宗の七大本山の一つ。広い境内にはおよそ300本ものソメイヨシノが咲き乱れ、見応え満点です。4月に行われるお釈迦様の誕生を祝う潅仏会は『花まつり』として開催されており、多くの人で賑わいます。徳川家との縁が深い増上寺は、勝運アップや災厄除けのパワースポットとしても有名です。花見と共に参拝に訪れてみてはいかがですか。

③芝公園

都内でも有数の花見スポットとして知られる芝公園は、ソメイヨシノ・ヤマザクラ・サトザクラなど多くの桜の木があり、長い期間桜を楽しむことができます。特に丸山古墳の中腹は場所取りをすることができ、宴会を楽しむ方や、家族連れの方に人気です。また、池を囲うように桜が植えられた弁天池付近も人気のスポットで、水面に映る桜を楽しむことができます。

④東京ミッドタウン

ミッドタウン・ガーデンさくら通りには、その名の通り桜並木が続きます。これは旧防衛庁時代から受け継いだ桜です。桜の開花前にはピンク色のライト、開花後は白色のライトで照らし、幻想的な夜桜を楽しむことができます。周囲には桜を眺めながらお食事ができるレストランもあり、よりラグジュアリーな花見をすることができます。

⑤青山霊園

明治期以降の多くの著名人が眠る青山霊園は、実は桜の名所でもあるのです。もちろん霊園ということで宴会はできませんが、心静かに桜の美しさを感じる場所としては最適です。東西南北に伸びる2本の遊歩道を美しい桜並木が彩っています。閑静でどこか神秘的な霊園に咲き誇る桜をゆっくりとお楽しみください。

いかがでしたか?この他にも港区には桜を楽しめるスポットがたくさんあります。

ぜひ色々な場所を散策して、春の訪れを感じてみてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今、TVやマスコミに注目を浴びている歌舞伎 日本初の歌舞伎教室「歌舞伎太郎」が中央区の日本橋三越前…
  2. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  3. 銀座4丁目にある銀座4丁目タワーの13Fで「一般社団法人 天才の卵」さんが東京講演会を開催するとのこ…
  4. こんな時代だから「活字」を大切にしたい! 二〇〇〇年代に入りIT革命による情報発信の多様化が進みま…
  5. 全国次世代県人会が終わった後には、こっそり2次会を開催するときも…。 全国次世代県人会に数回参加し…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る