知らないはもったいない充実した港区子育て支援

少子化が進んでいるわが国日本では、自治体でさまざまな子育て支援を行うようになってきている。

子供を育てるということは、体力的にだけではなく、経済的な負担が伴うため、公的な子育て支援を活用することがより良い生活を送るための一歩になるだろう。
本文では、港区の子育て支援の種類の一部・港区の子育て支援が充実しているポイントをまとめているため、これから妊娠出産を控えている方や、子育て中のご家族も是非参考にしていただきたい。

出産費用の助成

出産にかかる費用の一部から助成金が出ることにより、家庭の経済的負担を軽減し、子供を産みやすく、また育てやすいといった環境を整備している。
助成金は分娩費・出産等にかかった入院費(上限60万円)から、保険で支給される出産育児一時金を差し引いた額が出る。
※出生日から1年以内の申請が必要
ちなみに「妊娠健康検査費用助成制度」という制度もある。

児童扶養手当

児童扶養手当では、母子・父子家庭等の経済的な自立、また生活の安定を目的とした制度である。

児童育成手当

児童の福祉・健やかな成長を目的とした制度。
20歳未満の障害に関する手当もこの制度に該当する。
※養育者の所得が一定を超える場合、手当が支給されないこともある

児童手当(旧子ども手当)

港区内在住かつ、中学3年生までの児童を養育している生計中心者に支給される手当。
※父母ともに所得がある場合、所得の高い方に手当が支給される。

子ども医療費助成

中学3年生の子どもが、医療機関等で健康保険による調剤・診療を受けた場合、医療費を港区が助成する制度。
※保護者・子どもが港区に住民登録があり、公的な健康保険に加入していることが条件

自立支援医療(育成医療)助成

身体に障害がある児童に対し、生活能力を得るために必要な医療支援を指定自立支援医療機関にて行う。

港区子ども・子育て会議

港区では、保護者や子育て支援に携わる関係者の意見を反映させるため、港区子ども・子育て会議を設置している。
また、利用者向けの概要や幼稚園・保育園等の利用手続きについての説明会を開催している。
港区では、出産や子育て支援が他区に比べ非常に充実しているため、制度を理解し、活用していきたいところである。
※詳しい制度の内容については、WEBの方に掲載されている

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…
  2. 千代田区にあるイイノホール地下1階『うな兆』さんで12月19日に第2回 日中酒道協会の集いがあり、取…
  3. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  4. 「認知症」は病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきた…
  5. こんな時代だから「活字」を大切にしたい! 二〇〇〇年代に入りIT革命による情報発信の多様化が進みま…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る