ちゅうおう街角植物観察日記

読者記者佃二丁目Kさんの取材です。

トチノキの冬芽(とうが)の写真を撮ってきました。

場所は佃のパリ広場、いつもカモメを観察する場所です。タワーマンションの北側にも多く植えられていますが、枝が高くて観察しにくいです。

トチノキ科トチノキ属の落葉高木で、5月に小さな花を円錐状につけます。

マロニエと混同されることもありますが別種です。

画像は冬芽と落ちた跡が鳥帽子を冠った顔に見えませんか?冬芽は春の新芽を冬の寒さから保護するための防寒着です。

目と口に見えるのは、根から吸い上げた水分や養分を葉に送る導管跡です。笑ったり、怒ったり色々あるのがおもしろいですね。

※天空新聞3月号からの掲載です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本と海外のバレンタインデーの違い 日本では、バレンタインとバレンタインデーは同じ意味を持ちます。…
  2. 2月11日は「建国記念の日」です。 「建国記念日」ではなく「建国記念の日」。これには理由があります…
  3. 東京医療福祉専門学校の「地域交流マッサージ」 無料で学生によるマッサージを受けられます! 学校法…
  4. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…
  5. 銀座の街路樹〜銀座の有名な街路樹(並木)はヤナギでした。街路樹の役割で、「街の景観を創る」「夏の日陰…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る