2018年春のお彼岸

「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。

3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わせた計7日間がお彼岸と呼ばれている期間です。
春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ日」として、秋分の日は「先祖を敬い、なくなった人々をしのぶ日」として国民の祝日に定められています。
ちなみに、お彼岸の初日を彼岸入り、終日を彼岸明け、春分・秋分の日を中日といいます。

お彼岸の由来

春分・秋分の日では、昼夜の長さが同じになり、太陽が西に沈むといった特徴があります。
彼岸…極楽浄土という意味を持ち、仏教では極楽浄土は西にあると考えられていたことから、この期間に先祖を供養するという行事となりました。
お彼岸は日本独自の風習であり、彼岸入りの前日までに自宅の仏壇を整え、春分の日には牡丹餅、秋分の日にはおはぎをお供えします。
これは、春のお彼岸の頃に牡丹の花が咲き、秋のお彼岸になると、萩の花が咲く、ということが由来しています。

お彼岸にお参りをする日本独自の文化

生きていることへの感謝と、ご先祖様への感謝。
この感謝の心を大切にする節目の日として捉えた、日本独自の価値観が息づく文化、お彼岸。
今年のお彼岸は家族そろってお墓参りをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…
  2. 最高値は405kg3645万! 今年の10月に豊洲への移転が決定したため、築地市場での開催は最後と…
  3. 少子化が進んでいるわが国日本では、自治体でさまざまな子育て支援を行うようになってきている。 子供を…
  4. 2018年、中央区に越してきて初めてのお正月を迎えました。 銀座までは歩いて10分ちょっと。せっか…
  5. 今、TVやマスコミに注目を浴びている歌舞伎 日本初の歌舞伎教室「歌舞伎太郎」が中央区の日本橋三越前…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る