壁にぶら下がる人々?森美術館「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」が話題 に

壁にぶら下がり様々なポーズをとる人々の写真。今にも落ちてしまいそうですが、実はこれは“トリックアート”の一種で、今森美術館に行けば誰でも撮れてしまう写真なのです。

この作品を手がけたレアンドロ・エルリッヒは国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本ではあの有名な金沢の21世紀博物館に設置された〈スイミングプール〉の作家としても知られています。「大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。一見どこにでもある見慣れた風景ですが、よく見ると、水がないのに舟が浮かんでいたり、人々がさまざまなポーズで壁に張り付いていたりと、その異様な光景に観客は驚きと違和感を覚えることでしょう。自分が見ていることは果たして現実なのか、という疑いを抱くとともに、いかに無意識のうちに習慣にとらわれて物事を見ているか、という事実に気付くのです。(森美術館より)」“見ることのリアル”というタイトルは、まさにそうした発見を表した言葉。普段いかに曖昧に物事を見ているのか、既成概念を取り払い曇りのない目で見ることでどんな新しい世界が見えてくるのか、そんなことを感じ体験することができる展示です。新作を含む44作品が展示され、その約8割が日本初公開というとても貴重な個展となっています。作品に触れることや三脚の使用などは禁止されていますが、それを守ればこの写真のようなフォトジェニックな写真を撮ることも可能です。話題沸騰中のこちらの個展は4月1日(日)までの開催なので、行ってみたいという方はぜひお早めに。

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」

開館時間
10:00〜22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
会場
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
料金
一般  1800円
学生(高校・大学生)1200円
子供(4歳~中学生)600円
シニア(65歳以上)1500円

関連記事

ピックアップ記事

  1. 相続の手続きといっても簡単なケースから相続人が何十人もいたり、揉めていて解決まで数年かかるものなど種…
  2. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  3. 銀座の街路樹〜銀座の有名な街路樹(並木)はヤナギでした。街路樹の役割で、「街の景観を創る」「夏の日陰…
  4. 2017年の年末に次世代県人会の忘年会が開催されました! 写真は1枚しか撮れなかったですが、今回も…
  5. 「老後破産」の対策はできていますか? 老後は、旅行や趣味に時間を使いたい。 そう思っている方…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る