35号 佃・月島サラメシ特集

社員食堂で食べました
佃二丁目に本社がある「三井住友建設」様には天空新聞にいろいろご協力をいただいております。そこでちょっと「社員食堂」でごちそういただけるようズーズーしく頼んでみました。
社食は11時半にオープンします。一日3百食程度配食する食堂ですが、広々とした明るい食堂です。社食の良いところは栄養価がきちんと計算されていて、そして安価なところです。一人暮らし社員にはありがたいですね。それにこんな暑い日が続くと外に行くのも面倒ですし、近くにあってすぐ職場に戻れるのも便利です。 でもこの時間帯、おじさん達ばかりです。
どういう訳か早い時間帯はおじさんが多く、12時を過ぎると女性社員や若手の社員が多くなるそうです。自然とタイムシェアが出来ているのでしょうか。ごちそうさまでした。
残念ながら、この社食は一般の方は利用できません。
そこで読者の方もご利用できる社食を探しました。
中央区役所職員食堂
職員施設と書いてありますが11階の食堂は区民にも開放されています。カツ丼定食560円いただきました。気遣いで13時過ぎに行き職員とタイムシェアしました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…
  2. 今回の東京経営者交流銀座会は異業種交流会を開催しました! 銀座4丁目にある「創作中華 銀座夜市」さ…
  3. 「姉妹都市」という言葉をご存知でしょうか。 あまり聞き馴染みのない言葉ですが、文化交流や親善を目的…
  4. 天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です…
  5. 不況に強い買取ビジネス 買取ビジネスというと、持ち込みでのブランド品やジュエリーなどの商品を「買い…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る