21号 R60プロジェクトを天空新聞は進めます

  • 2017/1/1

R60 THE MUSICAL第一回公演
5月9日 月島社会教育会館で開催されました
R60の「R」って?
Rとはリストリクト(限定)の略、60歳以上のシニアを総称する意味で象徴的に使用しています。
天空新聞は地域に密着した地域情報や地域で活動するボランティア、各団体の紹介、皆さんからの情報発信の掲示板などを掲載しています。
毎月の特集記事では自治会・町内会などの地域コミュニティの在り方やシニアの生き方、高齢者福祉の問題も取り上げてきました。
そこではシニアが自分自身で自発的に健康を増進させ、地域コミュニティの推進役として旗振りをしていただく大切さを強く感じています。
5月9日月曜日は約170人の観客が「シニアが元気に全身で表現する」ミュージカルを楽しみました。出演したシニアの方は「若い方々とミュージカルを創り上げる喜びと、歌い踊り表現することの素晴らしさに感激した」
「若い方たちと一緒に楽しくミュージカルを楽しめました。最初はまさか自分にできるとは思っていませんでしたが、何か舞台が癖になりそうです」
演出・脚本・作詞作曲・振付の祖父江好美さんは「シニアパワーはすごい!ぜひ続けていきたい!」
第一部のパネルディスカッション「高齢者が生き生きと過ごすために」
吉田千晴様 京橋おとしより相談センター管理者
八木 英之様 社会福祉協議会在宅福祉サービス部
高橋恵子様  聖路加国際大学研究センター准教授
地域で活動する三人の有意義なお話でした。
2025年問題?!
団塊世代は1947年~1949年生まれで、3年間の合計出生数は約806万人にのぼっています。
団塊の世代は高度経済成長期に社会の第一線で働き、65歳の第二の定年も迎えた前期高齢者となっていますが、2025年には75歳となり後期高齢者が大きく増大することになります。
シニアが動けば
地域が変わる
そんなシニアの力を地域に活かそうとする取り組みが「R60プロジェクト」なのです。天空新聞はいろいろな世代の方とともにこの活動を推進していきます。 その最初の活動が「R60 THE MUSICAL」でした。
勝どき在住の元ミュージカル女優・月田有香さんの呼び掛けで、30代から70代の約20人の出演者が集まりました。
R60 THE MUSICAL」はたくさんの方にご協力をいただきました
もちろん出演いただいた20人の皆さん、公演スタッフ10人の皆さん、そして会場にお越しいただいた170人の皆さんのほか、今回の運営には38件の個人・企業のご協賛を頂戴いたしました。その一部をご紹介させていただきます。

「R60プロジェクト」は
5つの活動を推進します。 ①「R60 THE MUSICAL」に続き6月8日水曜日に実施するのが、
②「R60 月島カフェ」です。
シニアの居場所作りに地域の店舗などを使用しイベントを仕掛けていきたいと考えています。
第一回 R60月島カフェ 懐かしのフォーク喫茶開設
もちろんU60(60歳未満)の方も大歓迎です。
西仲通り「月島 鶴ちゃん」のご協力をいただき、お店をデイユースさせていただきます。オーナーの岩崎様も地域活動の一環になればと快諾してくださいました。
そんなことで平日の午後の開催となります。
日時 6月8日水曜日 13時から15時半
場所 月島 鶴ちゃん
月島3-6-5 参番街
会費 300円
ソフトドリンクは無料
定員 20名 先着 予約受付は天空新聞まで
懐かしいフォークソングをアコースティックギターの伴奏で皆さんと一緒に唄います。皆さんの唄いたい曲のリクエストを事前に募集します。
かぐや姫・吉田拓郎・井上陽水・チューリップなどどんなリクエストにもおこたえします。楽器をお持ちの方の持ち込み演奏歓迎いたします。
0120-559-251
info@tenku21.com
「R60 カフェ」に店舗や事務所をお貸しいただけないでしょうか。お申し入れをお待ちしております。

R60プロジェクト特集は次ページに続きます。
③「R60カルチャー」
シニアの方はいろいろな経験やスキルをお持ちです。先日も放送大学で学んだ「睡眠の話」講座を開催した晴海にお住まいのSさんを記事で紹介しました。元寿司職人の徳堂さんの「握り寿司体験」も大好評でした。
皆さんがお持ちの特技を地域に活かしてみませんか?
R60カフェなどで講座を開催できます。実は第一回月島カフェ「フォーク喫茶」出演メンバーもそんな方々です。
④「R60ビジネス」
「コミュニティビジネス」という手法を使って地域活動を行なっていきます。
地域の遊休資源(人・モノ・知識・空き店舗・空き営業時間など)を活かしながら、同世代の課題や地域課題の解決に「ビジネス」の手法で取り組んでいこうと思っています。そのためにはビジネスマンだったシニアの方々の人脈やスキルを活用し、企業のノウハウ、施設、資金を活用することにより、地域における新たな創業や雇用の創出、働きがい、生きがいを生み出し、地域コミュニティの活性化に寄与したいと考えています。
⑤「R60タイムス」
以上の4つの活動の広報を行うプロジェクトも立ち上げます。この天空新聞に掲載したり、独自の媒体も発行していきます。

以上が天空新聞が考える「R60プロジェクト」の概要です。ご賛同いただける方のご参加をぜひお待ちしています。詳しくはホームページまで
r60.jimdo.com

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最高値は405kg3645万! 今年の10月に豊洲への移転が決定したため、築地市場での開催は最後と…
  2. 2月11日は「建国記念の日」です。 「建国記念日」ではなく「建国記念の日」。これには理由があります…
  3. 日本と海外のバレンタインデーの違い 日本では、バレンタインとバレンタインデーは同じ意味を持ちます。…
  4. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  5. カルロ・アントニオリさん ピアニスト&ボーカルの’カルロ・アントニオリ'さんが’cafe4丁目の9…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る