22号 MEMOROメモロ「記憶の銀行」

  • 2017/1/1

R60の昔の記憶を映像や音声で記録し
未来へつなげる活動をしているNPO法人
先月号で天空新聞が進める「R60プロジェクト」(シニアの力を地域に活かそうとする取り組み)を特集しましたが、同じような考えを持ち、R60の大切な記憶を残していく活動をしているMEMOROメモロ「記憶の銀行」をご紹介します。
世界に広がるメモロ
次の世代に引き継ぎたい記憶を広く一般から収集・公開することによって世代間をつなぐこの活動は、2007年にイタリアで産声をあげ、今では世界17カ国に広がっています。MEMOROメモロ代表理事、長島光男さんにお聞きしました。
実は長島さんは以前協働ステーション中央での「一分動画を作ろう」講座で講師を務め、記者はその受講生だったのです。
皆さんがお持ちのスマホやデジカメで簡単に動画を作成して自分たちの活動をインターネットに発表して行こうという講座でした。天空新聞一分紹介動画もホームページに紹介しています。
「MEMOROメモロ」は、60歳以上の方の昔の記憶や思い出を、メモリーシーカーという記憶の探し手から収集して、動画や音声でWEB上に公開しています。
まずは左画像下段のホームページをご覧ください。
今、聞いておかないと
私の両親は昭和の時代に亡くなっていますが、いろいろな昔話も、うろ憶えになっています。故郷のこと、両親が苦労した時代のことなど、両親の肉声も動画も残っていません。10年間同居し、96歳で亡くなった義母の渋谷道玄坂での昔話ももう一度聞きたい!
天空新聞読者に取材
天空新聞読者で記事にした方を中心に4名の方にお願いし、取材することにしました。限られた紙面ではご紹介できなかったことが「MEMOROメモロ」では可能になります。
早速記者も会員登録をして長島さんと街に出ました。機材はスマホだけです。
特攻隊だった
兄のこと
保田清さん
いつも取材でお世話になっている月島二之部町会長の保田さんとは西仲通りの椅子に座っての取材です。スマホの動画は優秀ですが手ぶれしないようにスタンドに固定して撮影します。話はお兄様のお話から学童疎開の話とどんどん進んでいきます。続編を期待します。
長谷川時雨に
魅せられて
森下真理さん
マンションのロビーで天空新聞8号「長谷川時雨」の研究家である森下さんを取材させていただきました。森下さんのライフワークである「長谷川時雨」を次代につなげるためにもこの「MEMOROメモロ」は貴重な媒体であると感じました。
映像と天空新聞の紙面を繋げていくことでより読者の皆さんに詳細に伝えることが可能になると確信しました。

佃に暮らして
櫻木龍吉さん
昨年の住吉神社大祭取材でお世話になった藤倉さんのご紹介で佃一丁目の櫻木龍吉さんをお訪ねしました。
江戸時代から佃にお住まいの「櫻木家」と魚河岸の関係など家に残る貴重な資料と共にご紹介していただきました。取材時間は30分程度、玄関口で撮影です。実際の投稿は3分程度に編集しています。それをシリーズで何回かに分けて投稿していきます。
月島西仲通り
商店街の歩み
藤倉和男さん
藤倉さんは天空新聞17号で西仲通りの話を特集しましたが、まだまだ書ききれていませんでした。今回の取材でまた新しいお話を聞くことが出来ました。
月島区民センター一階で取材しましたが、他の人の声や騒音には配慮しなければならないようです。
記者もメモリーシーカー
に挑戦してみます
先ほどホームページからユーザー登録は済ませましたが、さてどうやって進めようか?
ぜひ聞いてみたい方がいるのです。高校同窓会のホームページを制作しているのですが、先輩たちの声を語り手として「MEMOROメモロ」とリンクさせたいと考えているのです。
メモリーシーカー登録2010年、記憶の数85件の冨田さんのページを見てみました。 なるほどテーマを決めて投稿なさっています。家族親戚の話を記録していけば立派な家族史になります。高校同窓会をテーマとすれば記憶が残せます。
検索機能もありますから例えば「月島」と検索すれば前述した藤倉さんのページが出てきます。
「MEMOROメモロ」ホームページにはメモリーシーカーのための「インタビュー収録と投稿䛾手引き」が掲載されています。
まずメモリーシーカーが「MEMOROメモロ」に対する思いをまとめ語り手に伝えなければなりません。その他にも承諾書のひな形や動画の編集など決して簡単ではないのですが詳しく説明がされています。
最初は自分のメモロでもいいのですかね。私も立派なR60なので自撮りしてエンディングノート代わりに投稿してみましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 銀座の街路樹〜銀座の有名な街路樹(並木)はヤナギでした。街路樹の役割で、「街の景観を創る」「夏の日陰…
  2. 新年あけましておめでとうございます。 2018年も『地域情報応援隊 中央区新聞』を宜しくお願い致し…
  3. 2017年の年末に次世代県人会の忘年会が開催されました! 写真は1枚しか撮れなかったですが、今回も…
  4. はじめまして。『地域情報応援隊 草加新聞』と申します。 草加市のみなさんに、地域に密着した有益な情…
  5. 「老後破産」の対策はできていますか? 老後は、旅行や趣味に時間を使いたい。 そう思っている方…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る