ゆめラー油ができるまで

天空新聞が応援している香川県の障がい者が働く「ゆめぽけっと」で一つ一つ手作りした「食べるらー油」です。評判がよく一個400円。でも送料が550円かかってしまいます。賞味期限も短く10個いっぺんに一家で使うのにはちょっと・・・ そんなことで天空新聞がまとめて月に50個発注し、一個450円でお分けしています。

「もんじゃむらさき」さんではお店の「冷や奴」にトッピング、あるエステサロンではお客様へのプレゼントに使っています。直接注文をしていただいている方も多いようです。

東かがわ市産ちりめんじゃこ★塩加減が絶妙 東かがわ市産 生産量日本一のパセリ★茎から葉だけにし、きれいに洗い、乾燥まで全てゆめぽけっとで行っています。さぬき市産 にんにく・玉ネギ★大きなニンニクと甘味のある玉ネギができました。

材料を手間暇かけて、ゆっくりと低温で揚げることで、サクサクの食感を作っています。

味は普通口と3倍辛い辛口。どんなお料理にも合う、美味しいらー油が出来上がりました。ぜひ、皆さまに知っていただき、食べてもらいたいです。

らー油の代金は、「ゆめぽけっと」で働いている利用者さんの工賃として支払われます。お問い合わせは編集部まで

☎0120-559-251
info@tenku21.com

関連記事

ピックアップ記事

  1. 読者記者にご応募頂いた佃のTさんの取材です。まずは佃一丁目の住吉神社からです。この企画は次号以降に連…
  2. 最高値は405kg3645万! 今年の10月に豊洲への移転が決定したため、築地市場での開催は最後と…
  3. 暖かな光を放つこちらのランプ。実は紙で作られているんです。 職人手作りの紙製デザイナーズ家具を手が…
  4. 2月11日は「建国記念の日」です。 「建国記念日」ではなく「建国記念の日」。これには理由があります…
  5. 「姉妹都市」という言葉をご存知でしょうか。 あまり聞き馴染みのない言葉ですが、文化交流や親善を目的…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る