ちゅうおう街角植物観察日記

  • 2017/10/5

天空新聞は本号から5万部体制で中央区全体に配布していきます。佃に住む造園会社勤務のKさんのコラムも観察対象を中央区全体に広げて連載していきます。

佃二丁目に不思議なオリーブの木があります。細い路地に7メートル以上ある大きな木で10月に実が結実します。グリーンオリーブの実が地面に落ちてきます。成熟すると黒くなりますが、青いうちに落ち始めます。家の脇に生えているのか、木の上に家が建っているのか、不思議な光景ですね。(実のなる木の紹介が多いのですが、観察見学だけにしてくださいね)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 読者記者にご応募頂いた佃のTさんの取材です。まずは佃一丁目の住吉神社からです。この企画は次号以降に連…
  2. 「老後破産」の対策はできていますか? 老後は、旅行や趣味に時間を使いたい。 そう思っている方…
  3. そろそろ2月中旬あたりからみんな大嫌いな花粉の季節がやってくる。 しかし、花粉症に季節というものは…
  4. 一般的に、東京都の水道水は飲料水として美味しく安全だと言われています。しかしマンションやアパートで使…
  5. はじめまして。『地域情報応援隊 草加新聞』と申します。 草加市のみなさんに、地域に密着した有益な情…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る