第29号 石川島資料館には   日本の造船の歴史が・・

  • 2017/1/20

中央区まちかど展示館事業について全22館を順番に紹介しています。第一回は佃まちかど展示館で千貫神輿を紹介しました。
今回は中央大橋の手前、佃リバーシティ・ピアウエストスクエアの一階「石川島資料館」に行ってみました。
石川島(現在の佃一丁目・二丁目の一部)は、日本の近代的造船業の発祥の地なのです。1853(嘉永6)年、この地に水戸藩の徳川斉昭の手によって創設された石川島造船所は、現在豊洲に本社がある総合重工業メーカーの「IHI」(旧石川島播磨重工業)の母胎となりました。
「石川島」は、もともと隅田川河口にあった小島の名で、三代将軍徳川家光の頃、旗本石川重次がこの島を屋敷地として拝領したことに由来しています。
「石川家の鎧」やこの地で作られた工業製品の生産歴史が展示されています。
開館日と時間には気を付けて。水曜日と土曜日が開館です。
佃リバーシティが昔は「ちょっとすごい」と自慢できますね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…
  2. この街には銀座通りや晴海通り、西銀座通り、昭和通りといった大通り、並木通りやみゆき通りのような歩道の…
  3. いつも中央区新聞ならびに地域情報応援隊ウェブサイトをお読み頂きありがとうございます。 今回は、完全…
  4. 最高値は405kg3645万! 今年の10月に豊洲への移転が決定したため、築地市場での開催は最後と…
  5. 銀座の街路樹〜銀座の有名な街路樹(並木)はヤナギでした。街路樹の役割で、「街の景観を創る」「夏の日陰…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る