第19号 中央区 ご近所「お花見 見どころ」紹介

  • 2017/1/20

今年の満開日は?
この記事作成時は東京の桜開花が3月21日と発表されていますから、天空新聞の配布時期3月下旬では中央区の桜は満開かもしれませんね。
天空新聞がお勧めする中央区お花見見どころをご紹介しましょう。画像は全て昨年撮影したものです。
まずなんと言っても一番近い石川島公園から佃公園の大川端でしょう!180本の桜は見事です。大きな公園ですから家族連れでもゆっくりお花見ができますね。
中央区で最大級の規模を誇る「さくら通り」の桜はいかがでしょうか?ここの見どころは街中の一本道に大きく広がる桜並木です。
江戸バスですと北循環八重洲通り東で下車。都バス東京駅八重洲口行で亀島橋で下車の方が佃・月島からは便利ですね。新大橋通りを100m行って、茅場町から東京駅までのビジネス街を約1km続くさくら並木約150本は見事です。帰りには日本橋髙島屋のデパ地下で美味しいスイーツ土産でもいかがですか?
江戸バスで巡る
お花見 見どころ
一日乗車券(300円)を買って中央区のお花見はいかがですか?南循環江戸バスで朝潮橋南で下車するとこんなコースが!
江戸バス 北循環も   見どころいっぱいです
明治座前で降りて浜町公園から浜町川緑道、人形町通りに抜ける道もお花見散歩コースです。 夕方散歩で暗くなってから居酒屋で一杯もいいですね。
桜便りMAPは区施設などで配布されています。
今年行ってみたい浜離宮!
大江戸線で行けば浜離宮恩賜庭園もご近所です。築地市場駅から徒歩7分ですから、月島からも20分あれば将軍気分で桜見物が楽しめます。実は記者はソメイヨシノの季節には訪れたことがありません。4月中旬の八重桜が満開で素晴らしかった記憶があります。  今年はぜひ訪問します。
番外編 門前仲町大横川
タイトルが中央区のお花見でしたがご近所なので隣駅門前仲町の大横川をご紹介します。江東区育ちの記者ですが、大横川門仲の桜は昔はなかったような気がします。
調べてみると80年代に区役所が町おこしで大横川沿いに桜を植えたそうです。どうりで知らないわけです。「大江戸深川さくら祭り」も3月26日から開催されて、和船からの花見や屋台などのイベントもあります。
ついでに相生橋を渡った右側の東京海洋大学に寄ってから門仲にいらしたらいかがでしょうか。改装なった明治丸も見学できます。 構内には桜もあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「老後破産」の対策はできていますか? 老後は、旅行や趣味に時間を使いたい。 そう思っている方…
  2. 銀座や築地・勝どき・晴海など、事業所やタワーマンションが集積する様々な魅力をもつ中央区。 都心に位…
  3. 今年は住吉神社大祭です 今年も天空新聞をよろしくお願いいたします。 今年も新年号を飾るのは月島に…
  4. 最高値は405kg3645万! 今年の10月に豊洲への移転が決定したため、築地市場での開催は最後と…
  5. 「築地」と聞いて何を連想されますか? 美味しい新鮮な食材を楽しめる日本の伝統的な食の街と思い浮かべ…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る