第23号 月島西仲通り「草市」は    子ども天国!

  • 2017/1/22

お盆用品を売る屋台から始まった夏の風物詩「月島草市」が7月6日・7日西仲通りで開催されました。壱番街から四番街まで、長さ約500mが屋台で埋め尽くされました。
昨年はお盆用品を販売する屋台店が一軒ありましたが、今年は一軒もありませんでした。ほうろくや牛馬などのお盆用品はスーパーで買うようです。
その代わり草市の屋台は子ども天国で、おもちゃから射的、金魚すくい(今はボールすくいもあります)、それに様々な歩き食いができる食べ物がいっぱいです。
お小遣いを握りしめた子どもたちのセール会場のようです。
月島にこんなに子どもがいたんだ!と驚くほどの子どもの数です。それも子ども同士の団体で草市に繰り出しています。 男の子は射的だとかクジなどちょっと「賭け事気分」になるのが好みでしたね。女の子はもちろん食べ歩きです。
時代とともに草市は変化してきましたが子どもたちの記憶に残る夏の日になるでしょう。
facebook.com/tenku21/にも草市を掲載しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 暖かな光を放つこちらのランプ。実は紙で作られているんです。 職人手作りの紙製デザイナーズ家具を手が…
  2. 読者記者にご応募頂いた佃のTさんの取材です。まずは佃一丁目の住吉神社からです。この企画は次号以降に連…
  3. 少子化が進んでいるわが国日本では、自治体でさまざまな子育て支援を行うようになってきている。 子供を…
  4. 相続の手続きといっても簡単なケースから相続人が何十人もいたり、揉めていて解決まで数年かかるものなど種…
  5. 2018年、中央区に越してきて初めてのお正月を迎えました。 銀座までは歩いて10分ちょっと。せっか…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る