第25号 まち歩き観光地図アプリ

  • 2017/1/22

中央区まち歩きマップをダウンロードしてみました
勝どきを取材で歩いていましたら、今年の2月に各商店街に連絡されていた中央区観光協会の古い通知を見つけました。
こんなのあったんだ!見逃していました。早速無料でダウンロードして使ってみましょう。
日本語と英語が選べます。もちろん英語ではなく日本語です。 中央区を6つの地区に分けてあり、佃・月島・勝どき・晴海エリアの楽しい現在の絵地図と古地図(時代選択で江戸・明治・昭和)そしてGoogleマップにも連動しています。
今回特集した「勝どきは月島だった」昭和初期の地図も見ることができます。現在に合わせて江戸・明治・昭和にタイムスリップするのも楽しいですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不況に強い買取ビジネス 買取ビジネスというと、持ち込みでのブランド品やジュエリーなどの商品を「買い…
  2. 中央区新聞・天空新聞をご覧の皆さま、こんにちは。私たちは「PINK CROSS PROJECT」とい…
  3. そろそろ2月中旬あたりからみんな大嫌いな花粉の季節がやってくる。 しかし、花粉症に季節というものは…
  4. 今、TVやマスコミに注目を浴びている歌舞伎 日本初の歌舞伎教室「歌舞伎太郎」が中央区の日本橋三越前…
  5. この街には銀座通りや晴海通り、西銀座通り、昭和通りといった大通り、並木通りやみゆき通りのような歩道の…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る