第31号 中央区コミュニティーバスで花見に

  • 2017/1/27

江戸バスで行く
中央区の花見の見どころは?
この天空新聞31号が発刊されているころは、中央区のあちこちで桜の花の見頃になっていることでしょう。江戸バスに乗って花見はいかがでしょうか?


①石川島公園・佃公園
地域最大級の桜スポットです。相生橋からパリ広場、そして佃公園から住吉神社まで約180本の桜で毎年たくさんの住民の方が花見を楽しんでいます。
桜吹雪はここ!
江戸バスでは北循環八重洲通り東(いちよし証券前)から歩いて5分、茅場町方面から髙島屋を通り、八重洲までの文字通り「さくら通り」は150本の桜は見事です。桜の散る頃の桜吹雪には感激しますよ。
江戸バスマップは区の施設や江戸バス車内にございます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 銀座夜市 中央通り店さんのオープニングレセプションパーティ 銀座夜市 中央通り店さんのレセプション…
  2. 「認知症」は病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきた…
  3. 中央区新聞・天空新聞をご覧の皆さま、こんにちは。私たちは「PINK CROSS PROJECT」とい…
  4. 少子化が進んでいるわが国日本では、自治体でさまざまな子育て支援を行うようになってきている。 子供を…
  5. いつも中央区新聞ならびに地域情報応援隊ウェブサイトをお読み頂きありがとうございます。 今回は、完全…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る