第32号 Womalthpowerを読者記者が取材

  • 2017/1/29

小伝馬町十思スクエアで開催されたつながりマルシェで知り合った「ウーマルスパワー」 の活動は、
「中央区でちょっとした身体や心の悩みを相談できる場所をまとめた健康タウンマップを一緒に作ってみませんか」
読者記者で今回が初めての取材になるR60ミュージカルに出演した金原ときよさんが代表の北奈央子さんにインタビューしてきました。
笑ったときのえくぼがキュートな北さん
女性の健康と活躍応援団Womalth Power代表で、さらに聖路加国際大学大学院でヘルスリテラシーを研究されています。
医療機器メーカーでマーケティングの経験をされ、医療を提供する側の視点や課題などに多く触れ、解決の役に立ちたいという思いがあったそうです。
それが、ご自身の体験や友人の死をきっかけに、医療を受ける側の手伝いをしたいと、Womalth Power を設立しました。
女性の健康への意識や認識、知識を得て、考え行動できる場として、女性限定ではない勉強会やイベント・情報の発信をされています。
日本では健康リテラシーに対してこれからとのこと。
仕事、恋愛、結婚、出産、育児等…女性はなにかと自分の体のことを後回しにしがちです。
「治療は勝ち取れ」という言葉があると聞きました。医師・病院任せではなく、自分の体をマネージメントする、自分の体や健康、治療について理解や情報をただしく判断できる必要があります。
4月十思カフェゲストに 4月8日土曜日に開催された「十思カフェ」では「健康&アクティブを維持する5つのFREE」として、つながりマルシェで出会った「くらしの保健室」冨山真純さんとアロマコンサルタントで活躍中の軍地麻衣子さんと三人の開催でした。
なんとこの講座でグラフィックレコーディングを担当したのは「天空家族」を連載中の本園大介さんでした。

グラフィックレコーディングとは会議での議論やカンファレンスの流れを視覚化し、参加者へ共有する手法です。参加者の思考発話内容をリアルタイムで視覚的にわかりやすく伝えることができるので、アイディア創発の場や、会議での合意形成を促します。

関連記事

ピックアップ記事

  1. そろそろ2月中旬あたりからみんな大嫌いな花粉の季節がやってくる。 しかし、花粉症に季節というものは…
  2. 一般的に、東京都の水道水は飲料水として美味しく安全だと言われています。しかしマンションやアパートで使…
  3. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  4. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…
  5. 「築地」と聞いて何を連想されますか? 美味しい新鮮な食材を楽しめる日本の伝統的な食の街と思い浮かべ…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る