第34号 佃源田中屋穴子の佃煮が出来るまで

32号のモニター募集で大好評だった「佃源田中屋」の穴子の加工を見学にいきました。島根産の新鮮な穴子を現地でさばき、白焼きしたものを取り寄せ、丁寧に佃煮に仕上げます。お店の隣が加工場になっています。
まず硬い頭の部分を切り落とし、食べやすいサイズに切り分けます。
大鍋で湯通ししたあと、上質な醤油と砂糖でじっくり煮ていきますが、その前に隠し味の生姜を加え一緒に煮込みます。
手間をかけるから美味しく仕上がるのですね。職人技に感心しました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…
  2. 2017年の年末に次世代県人会の忘年会が開催されました! 写真は1枚しか撮れなかったですが、今回も…
  3. 銀座の街路樹〜銀座の有名な街路樹(並木)はヤナギでした。街路樹の役割で、「街の景観を創る」「夏の日陰…
  4. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
  5. 「認知症」は病名ではなく、認識したり、記憶したり、判断したりする力が障害を受け、社会生活に支障をきた…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る