第34号 佃源田中屋穴子の佃煮が出来るまで

32号のモニター募集で大好評だった「佃源田中屋」の穴子の加工を見学にいきました。島根産の新鮮な穴子を現地でさばき、白焼きしたものを取り寄せ、丁寧に佃煮に仕上げます。お店の隣が加工場になっています。
まず硬い頭の部分を切り落とし、食べやすいサイズに切り分けます。
大鍋で湯通ししたあと、上質な醤油と砂糖でじっくり煮ていきますが、その前に隠し味の生姜を加え一緒に煮込みます。
手間をかけるから美味しく仕上がるのですね。職人技に感心しました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本と海外のバレンタインデーの違い 日本では、バレンタインとバレンタインデーは同じ意味を持ちます。…
  2. 「老後破産」の対策はできていますか? 老後は、旅行や趣味に時間を使いたい。 そう思っている方…
  3. 新年あけましておめでとうございます。 2018年も『地域情報応援隊 中央区新聞』を宜しくお願い致し…
  4. 暖かな光を放つこちらのランプ。実は紙で作られているんです。 職人手作りの紙製デザイナーズ家具を手が…
  5. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る