第34号 佃島の渡し舟油絵

  • 2017/1/29

天空新聞は月島西仲共栄会商店街振興組合様のご協力を得て会員店に天空新聞を配布させていただいております。「もんじゃ哲ちゃん」からご連絡をいただきました。
「店に佃の渡しの油絵があるから見においで」
早速お邪魔しご店主さん、おかみさんに話を聞くことができました。昭和41年にご結婚なさったときにご友人から頂戴したそうです。
渡しのフロート調整や遠くに聖路加や本願寺が描かれています。作者はサインはありますが不明です。 テレビの「お宝鑑定団」によくある話で有名画家の作品でしょうか?
どなたか鑑定を!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一般的に、東京都の水道水は飲料水として美味しく安全だと言われています。しかしマンションやアパートで使…
  2. 東京医療福祉専門学校の「地域交流マッサージ」 無料で学生によるマッサージを受けられます! 学校法…
  3. 不況に強い買取ビジネス 買取ビジネスというと、持ち込みでのブランド品やジュエリーなどの商品を「買い…
  4. 「IT革命」によってWebにより情報を収集することは容易になりました。では新聞紙という媒体の必要性は…
  5. 暖かな光を放つこちらのランプ。実は紙で作られているんです。 職人手作りの紙製デザイナーズ家具を手が…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る