第35号 コミュニティサイクル

  • 2017/1/29

佃一丁目ポートがオープン
記者はこの自転車を愛用しています。現在メール便で天空新聞をお届けしている先が150件ほどあります。 月に一回、取材を兼ねて街を走ります。
その自転車の基地(ポート)が佃にはなかったのですが、佃島小学校隣にポートが新設されました。電動ですので中央大橋もスイスイと上れます。スイカ登録とクレジットカード決済が必要となります。
愛用者から注意を!借りる前に電池残量をチェック。 途中で電池がゼロになりただの重たい自転車になったことがあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 銀座の街路樹〜銀座の有名な街路樹(並木)はヤナギでした。街路樹の役割で、「街の景観を創る」「夏の日陰…
  2. この街には銀座通りや晴海通り、西銀座通り、昭和通りといった大通り、並木通りやみゆき通りのような歩道の…
  3. 散歩の途中に段差があって ~車椅子放浪記~ 「月島、酒で縁結び」 一般社団法人無段差社会 理事長…
  4. 2018年、中央区に越してきて初めてのお正月を迎えました。 銀座までは歩いて10分ちょっと。せっか…
  5. 相続の手続きといっても簡単なケースから相続人が何十人もいたり、揉めていて解決まで数年かかるものなど種…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る