第35号 天空新聞企業サポーター紹介

  • 2017/1/29

もんじゃ近どう
月島には多くのもんじゃ店がありますが、一番行列が長いのは「もんじゃ近どう」ではないでしょうか。
西仲通り(通称もんじゃ通り)から一本東側の道路ですが、遠くから何の行列だろうと思っていましたら、近づいて行くと「近どう」への入店待ち行列でした。
創業は昭和25年、月島で一番古いもんじゃ店で、店主はもちろん「近藤」幸二さん、二代目になります。二代目が生まれる前からある「近どう」ですが、今では2号店・3号店の三店舗で創業以来の老舗の味を守っています。順番待ちでも、紙に名前を記入すると店のどこかに案内してくれます。「もちチーズ明太もんじゃ」と「特製近どうもんじゃ」が人気です。 昭和の創業の味をお楽しみください。中央区月島3-12-10

関連記事

ピックアップ記事

  1. 少子化が進んでいるわが国日本では、自治体でさまざまな子育て支援を行うようになってきている。 子供を…
  2. 読者記者にご応募頂いた佃のTさんの取材です。まずは佃一丁目の住吉神社からです。この企画は次号以降に連…
  3. 今、TVやマスコミに注目を浴びている歌舞伎 日本初の歌舞伎教室「歌舞伎太郎」が中央区の日本橋三越前…
  4. 新年あけましておめでとうございます。 2018年も『地域情報応援隊 中央区新聞』を宜しくお願い致し…
  5. こんな時代だから「活字」を大切にしたい! 二〇〇〇年代に入りIT革命による情報発信の多様化が進みま…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る