第36号 盛大だった佃児童館「セミの羽化をみよう」

  • 2017/1/29

7月28日、佃児童館主催、みんなで夜の探検隊「セミの羽化をみよう」が行われました。
定員を大幅に超え、当日は87名の子供たちが元気に参加しました。引率の親御さんを含めると総勢150名以上の参加でした。
当日は、青少年佃地区委員会の皆さん、自然観察サポ-タ-のYさんほかの協力のもと、セミに関するクイズ、主催者とおまわりさんからの諸注意をしっかり聞いて、佃公園に「静か~?」に移動しました。公園では、地面を這いながら木に登るたくさんのセミのさなぎを発見、動きが止まったさなぎは、背中の殻が割れ、中から真っ白い成虫が現れ、羽がピンと伸び、羽の色が徐々に緑色に変わっていきました。神秘的なセミの羽化に参加者一同が感激した観察会でした。
セミは地中で3年から17年過ごして成虫になります。観察できたセミは、アブラゼミとミンミンゼミでした。観察会には、佃公園の住人であるアズマヒキガエルも参加、その大きさには、びっくりさせられました。高層マンション群の公園の中にも、たくさんの自然のドラマが繰り返されています。
読者記者で佃にお勤めの自然観察指導員 Iさんの記事でした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今回は、相続人同士で遺産分割を話合う時に、事前に知っておくべきポイントを解説していきます。 ①相続…
  2. そろそろ2月中旬あたりからみんな大嫌いな花粉の季節がやってくる。 しかし、花粉症に季節というものは…
  3. 掻い掘りが終わった佃堀で50年ぶりのハゼ釣りに行ってきました。行きつけの飲み屋には今日はハゼ納品する…
  4. 『住宅宿泊事業法』について、しっかり理解していますか?民泊を正しく利用して、地域活性化を! 平成3…
  5. 暖かな光を放つこちらのランプ。実は紙で作られているんです。 職人手作りの紙製デザイナーズ家具を手が…

PICK UP

  1. 23区内唯一の調圧ルームで取材にご協力頂いたフィットネススタジオGO-ONさんは、『継続でつくる美・…
  2. まだ寒い日は続きますが、もうすぐ春がやってきますね。 春は新たなスタートを切る方も多く、なんだかワ…
  3. ワールドカーニバルって? 港区では、多くの外国人が居住しています。 また、日本にある大使館の半数…
  4. 東京都23区のほぼ中央に位置する港区。 都心部の中でもブランドイメージの強い白金台・麻布・高輪・芝…
  5. 「暑さも寒さも彼岸まで」という、言葉があります。 3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わ…
ページ上部へ戻る